自然素材で造られたマンションに住むメリット

施工前からの段取り

部屋

施工だけじゃない流れ

自然豊かな田園都市として周知される三田エリアには、沢山の中古住宅があります。そのため、リフォームやリノベーションが行なえる中古住宅を探す人も多いのです。三田エリアにもリフォーム業者は点在していますが、周囲や関係者への気配りを万全にしておくことは大切です。例えば、購入したのがマンションであれば、管理組合に対し、規約を確認して抵触するリフォームは計画しない、または、規約変更の申し出で承認を得ることは大事です。また、図面及び施工内容の詳細をまとめたスケジュールを提出して、承認を受けてから工事を行うなどの報告や告知など、トラブルを事前に防げることも施主の気配り1つです。戸建ても含め、リフォームする近隣の住民に対しては説明するだけではなく、承認の印鑑をもらうようにしましょう。そして、挨拶回りは必須で、期間についても大規模なリフォームになれば、内装や水道工事などの部分ごとに委託されることもあります。そのため、想定より長くかかることもあり承認は必須です。また、三田エリアでは定期的な施工だけじゃなく、突発的に必要となる場合も考えられるため、万が一に備えておくこともポイントです。マンションの場合には管理費や修繕積立金とは別に、専有部分用として最低でも毎月3千円程度、戸建てならば月額1万円程度の積み立てのマネープランも必須です。さらに、自然林が残る三田エリアで白アリ対策用となる防蟻処理費用に関しては、住む地域の平均的な処理頻度や費用を地域密着型のリフォーム業者に予め聞いておきましょう。それを基に積み立てることが利にかなっています。